FGI - FinTech Global Incorporated

FINTECH GIMV FUNDの投資先企業iPierian(米国)は、ニューヨーク証券取引所上場のBristol-Myers Spuibb CompanyがiPierianの全株式を取得したことを発表しました。

2014年05月02日

FINTECH GIMV FUNDの投資先企業iPierian,Inc.(米国)は、2014年4月29日、ニューヨーク証券取引所上場企業であるBristol-Myers Spibb Company(BMY)がiPierian社の全株式を取得したことを発表しました。

iPierian社は人工多能性幹細胞(iPS)技術を基盤とする創薬技術を用いて、アルツハイマー病等の神経変性疾患の治療薬を開発する企業です。 世界で初めてiPS細胞の樹立を報告した、京都大学の山中伸弥教授が同社の科学諮問委員会委員に就任しております。

BMY社は、iPierian社の株式を175百万ドルで取得し、PSP(進行性核上性麻痺)、アルツハイマー病治療薬候補であるTauタンパクに対する抗体IPN007のワールドワイドの権利を取得しますが、追加の研究開発やマイルストーンの支払を含めると総額550百万ドルとなります。

本買収は、日本初のiPS細胞を用いた創薬プラットフォームから創生された薬剤が大手製薬会社に認められたという点で画期的な買収です。

iPierianのプレスリリース

ページの先頭へ