FGI - FinTech Global Incorporated

株式会社アダコテックが株式会社三井E&Sマシナリーと3次元レーダ解析画像によるトンネル異常自動判定技術を実用化

2018年07月17日

当社子会社の株式会社アダコテック(以下、「アダコテック」)が、株式会社三井E&Sホールディングス(旧会社名 三井造船株式会社)のグループ会社である株式会社三井E&Sマシナリー(東京都中央区)が提供するトンネル覆工検査サービスに、アダコテックの機械学習技術を組み合わせることによる検査判定の自動化を実現させたことを公表しました。
これは、トンネル長寿命化のための調査・点検の技術者不足を検査の自動化により解決し、さらに精度を向上させるものであり、「定常状態を起点に、逸脱を検知する」というアダコテックの技術特性がインフラ設備の維持管理に適用されたものであります。
アダコテックは、今回のプロジェクトをはじめとして様々な産業・業務分野から引き合いを受けており、順次、各プロジェクトの適用、応用を進めております。

アダコテックのプレスリリース
株式会社三井E&Sマシナリー様と3次元レーダ解析画像によるトンネル異常自動判定技術を実用化しました

(アダコテックについて)

アダコテックは、国立研究開発法人 産業技術総合研究所の革新的な技術である「高次局所自己相関特徴抽出法」を用いた学習型パターン認識を発展させ、様々な分野へ応用しています。「定常状態を起点に、逸脱を検知する」「少ない正常サンプルからでも明瞭に異常を検出できる」という技術特性を活かして、

・生産現場における製品検査、不具合予兆検知、メンテナンスタイミング最適化、交換部材延命化
・警備・警戒・セキュリティ

など多種多様な産業・業務分野への適用、応用を重ねています。

アダコテックのウェブサイト
http://adacotech.co.jp/

ページの先頭へ