FGI - FinTech Global Incorporated

金融技術を活用した財務ソリューション

金融技術を活用した財政改革サービス

人口減、高齢化により自治体の財政は極めて厳しくなっています。各自治体の財政状況は公会計の導入により、さまざまな角度から他団体との比較が可能となり、財政改革の取組の差も明らかになると予想されます。また公共施設等総合管理計画の策定により、朽ちるインフラへの対応による将来負担も明らかとなると思われます。

自治体が抱える課題は、その自治体を取りまく環境によって全て異なります。優秀な自治体職員が日々改革に辛労されておりますが、行政のプロも一朝一夕には金融のプロとなることは困難です。また、高度な専門知識を備えた職員を育てようとすると過度なコストがかかります。
FGIは高度な金融技術をベースに、自治体の課題にあった、財政コストの削減、資産負債管理(ALM)、B/Sのスリム化、プロジェクト・ファイナンスによる民間資金の活用等のソリューションを提供し、「住民サービスを損なわない改革」のお手伝いを致しております。

 

FGIが提供する4つのサービス

FGIは、①会計課が管理する歳計現金や他局の短期資金の調達・運用の最適化のために、キャッシュ・マネージメント導入・運用/調達支援、②財政課が行う起債に関わるアドバイス、③基金運用に関わるアドバイス、④公営企業、第三セクターのプロジェクト・ファイナンスのアレンジメント、を提供しております。


キャッシュ・マネージメントの導入・運用/調達支援 起債に関わるアドバイス 基金運用に関わるアドバイス 公営企業、第三セクターのプロジェクト・ファイナンスのアレンジメント

 
 

FGIが選ばれる理由

FGIの公共ファイナンスチームは、自治体の元財務官、外資系投資銀行マネージャー、政府系金融機関、公認会計士等のスペシャリストで構成されたチームです。

金融最先進国の米国ではリーマンショック後、ドッド・フランク法において、新たに地方債アドバイザーを登録制にし、信認義務(忠実義務と注意義務)を課しました。この結果、米国では地方債を引き受ける証券会社等は、利益相反となるため、自治体に対する起債等に関するアドバイスを行うことはもはや禁じられています。

私たちが選ばれる理由は、我々が提供する金融技術をベースとしたソリューション、さらに中立な立場で自治体の利益のためにアドバイスが行える点です。

 

お問い合わせ

 

お問い合わせ

東京都港区虎ノ門4-1-28
虎ノ門タワーズオフィス19F
TEL:03-5733-2121

 

当ウェブサイトによりお問い合わせいただきましたお客さまの個人情報(お名前・ご住所・お電話番号・メールアドレス等)は、ご質問・ご相談に対する回答やご依頼いただいた資料送付のためだけに使用し、他の目的に使用することはございません。

ページの先頭へ