FGI - FinTech Global Incorporated

ESG/SDGsへの取り組み

1.取り組み基本姿勢

当社は、金融環境の変化に応じた先端的・革新的な金融商品や「仕組み」を作り、多様化する顧客のファイナンス・ニーズに対応するとともに、顧客の企業価値、資産価値の最大化を通じて、関係するすべてのステークホルダーの満足を実現することを企業理念とし、企業の成長、地域社会の発展を支援しております。
近年では、ESG(環境・社会・企業統治)やSDGs(持続可能な開発目標)への取り組みが企業に対してより一層求められている中、当社においても事業への投資、及びストラクチャー(仕組み)の組成等による金融ソリューションの提供を通じて、地域社会の諸課題、エネルギー問題等に対応し、地域社会の成長・発展に貢献していくことが重要であると考えています。

2.主な取り組み内容

弊社のESG/SDGsにおける取り組み内容は以下のとおりです。

Environment(環境)

■再生可能エネルギー事業

【取り組み内容】
・再生可能エネルギー(太陽光・水力発電設備等)への投資、ファイナンスアレンジメント
※プロジェクト金額365億円(2010年10月~2021年9月)

Society(社会)

■事業承継支援、事業再生支援事業

【取り組み内容】
・各企業の経営課題の解決に向けた支援
※プロジェクト金額281億円(2010年10月~2021年9月)

■地方インフラ事業、都市再開発事業

【取り組み内容】
・地方インフラ事業、都市再開発事業への投資、ファイナンスアレンジメント
※プロジェクト金額294億円(2010年10月~2021年9月)

■メッツァ事業

【取り組み内容】
・メッツァでのSDGs目標は以下の通りです。

  • 健康配慮の食の提供
  • 子どもプレイランド
  • アスレチック
  • 楽しみながら学ぶ
  • 図書館、ワークショップ
  • 食育支援
  • アップサイクル商品の開発
  • 環境配慮の商品開発
  • 持続可能な食材調達
  • パッケージ簡素化
  • リサイクル
  • 飯能市、株主、協賛企業、RBJ、ライセンシー、サプライヤーとのパートナーシップの構築&包括的取り組み

■障がい者支援

【取り組み内容】
・障がい者のものづくり支援(メッツァビレッジで障がい者施設で作られた商品の販売)
・トントゥフェスティバル(※)への協賛
(※)多様性を楽しみ、認め合い、必要なときはお互いにサポートし合う「ソーシャル・インクルージョン」を目指したフェスティバル。

■人材育成

【取り組み内容】
・自己啓発支援制度(業務に必要な能力開発として資格取得等を支援)
・海外語学留学制度(グローバル人材の育成を支援)

Governance(ガバナンス)

■企業統治

【取り組み内容】
・監査等委員会設置会社へ移行、社外取締役比率50%以上(2019年12月~)
・女性取締役の選任(2019年12月~)
・コーポレートガバナンス・ガイドライン制定(2021年2月)
・取締役会評価制度の導入(2021年9月期)

ページの先頭へ