Top Message

トップメッセージ

Message ファイナンスを通じて、
社会的課題の解決に貢献する取り組みを推進して参ります。

当社グループは、ファイナンスを通じて社会が抱える様々な課題の解決に貢献し、持続可能な成長・発展を支援しています。

2021年9月期は、新型コロナウイルス感染症の影響によってメッツァは厳しい事業環境が続きましたが、投資銀行事業では事業承継などの課題を抱えた企業に対するプライベートエクイティ投資案件の組成を推進した結果、連結決算において最終黒字に転換しました。企業投資や事業承継、メッツァなど社会的課題解決に貢献する投融資を推進しており、投資銀行事業における投融資残高(自己投融資)は2021年9月末に68億円となりました。また、アセットマネジメントにおける受託資産残高は265億円となり、再生可能エネルギー関連が増加基調で推移しております。

2022年9月期には、投資銀行事業においてプライベートエクイティ投資を安定的に拡大させるとともに、地域の重要施設の改修や再開発、再生可能エネルギー発電施設の開発などの地方創生に資するプロジェクトのファイナンスアレンジを積極的に推進して参ります。またメッツァビレッジについては、コロナ禍により開発などの価値向上への動きをスローダウンしていましたが、具体的な価値向上策の検討を進める所存です。

エンタテインメント・サービス事業では、ムーミンバレーパークについて2021年12月に新しいテーマを“Well-being”としてリニューアルしました。
これは、コロナ禍の長期化による来園者数減少や「自然」「癒し」「安らぎ」などのニーズを踏まえたものですが、新型コロナウイルス感染症の影響について見通しが不透明であることから、今後の状況を注視していきたいと考えております。なおムーミンのライセンス関連については、日本における市場拡大基調が続いておりますが、グローバル戦略“One-Moomin”に連動した戦略の推進により、更なる拡大を図って参ります。

当社グループは、今後も社会的課題の解決に貢献することによって事業機会を創出して参ります。変わらぬご理解とご支援を心よりお願い申し上げます。
2022年1月5日
フィンテック グローバル株式会社
代表取締役社長
玉井 信光